保育士の生きがいこれがあるからこの仕事が好きなんです!

2016年5月24日

いつも元気な子供たちの笑顔

保育士のお仕事は、正直言って楽なものではありません。子供たちが帰った後も事務作業はあるし、イベント前には工作等を持ち帰って自宅で作業することもしばしば。見かけによらず、体力勝負なお仕事なのです。それでも、保育士を続ける人たちの支えになっているのは、やっぱり子供たち!子供たちは、大人の都合なんておかまいなしにいつも明るく、楽しく、のびのびと過ごすことが得意ですから、そんな彼ら彼女らの笑顔をみているとこっちまで元気をもらえちゃうんですよね。

「ありがとう」の言葉

保育士のお仕事をしていると、ときどき「ありがとう」の言葉に出会います。子供が素直な気持ちで伝える日常の「ありがとう」や保護者の方が子供の成長を感謝する「ありがとう」。卒園のとき、これまでの思い出を詰め込んだ「今までありがとう」。大人になると、「ありがとう」も業務的な言葉になってしまいがちですが、子供達のいる現場には、素直な気持ちが溢れています。だからこそ、どんなに大変なことがあっても「ありがとう」と言われるたびに、また頑張ろうと思えるんですよね。

子供の成長を一緒に喜ぶこと

保育士のお仕事は、子供の成長に出会える素敵なお仕事です。話をできなかった子が名前を呼んでくれる瞬間、走るのが下手な子がうまく走れた瞬間、嫌いだった食べ物が食べられるようになった瞬間、その瞬間に出会えたときはもう、なんともいえない高揚感を感じて、涙が出そうなほど嬉しくなってしまうんですよね。そんな瞬間をいくつも越えて旅立つ時、入園した時の姿と卒園していく時の姿を比べて、その成長に感激してしまいます。卒園後も顔を出してくれる園児もたくさんいるので、出会った子供達の成長を離れた後も感じたりすると、このお仕事をやってて良かったと思えるんですよね。

保育士の求人なら神奈川で探せます。正社員やパート契約社員などといった希望にあった働き方で探すことができます。