介護の課題を解決するために!知っておきたい地域ケア会議

2016年1月21日

住み慣れた地域で安心して生活できるために!

高齢者の方が、いつまでも住み慣れた地域で安心して生活することができるためには、行政や、地域の団体・企業などが目指すべき地域の将来像を共有して、おのおのが可能な取り組みに積極的に参加することが必要ですよね。日常生活圏域ごとの地域包括ケアシステムの構築を目指して、地域の支援センターが中心となり「地域ケア会議」を開催しているところがあるんですよ。個別ケースの支援内容の検討では、生活上の問題を解決するために、より効果的なサービスや方法はないのかを、本人や家族も含めた関係者で一緒に考えるんですよね。

関係者間のネットワークも!

「地域ケア会議」の中で生活上の問題を解決するための方法を関係者と一緒に考えることにより、問題解決だけではなく、関係者間のネットワークも構築されることが期待されているんですね。個別ケースの検討を積み重ねていくと、地域に共通した課題を発見することもできるんですよね。またニーズ調査などを通じて把握された課題なども合わせて、自治会や日常生活圏域単位での地域ケア会議で、解決に向けた検討を行っているんですよ。

さまざまな人が参加している!

「地域ケア会議」には、検討する内容や地域の実情に応じて、民生委員や自治会、介護支援専門員や介護サービス事業所、医療・福祉関係や行政などといった、さまざまな人たちが参加しているんですよね。地域だけでは解決することができない課題については、市レベルで検討を進めていくようにしているんですよ。多くの関係機関が参加して活発な意見を交わすようにすることで、地域ごとに特性を生かした介護のケアシステムの構築に取り組んでいるんですね。

介護の求人情報を見るとき、通所介護、訪問介護等の介護サービスの形態、ヘルパー、介護支援専門員等の職種、正社員、パート等の雇用形態について、自分がどれに当てはまるのかをまず確認しましょう。